妊娠したいならエストロゲンを毎日摂取しよう

より効果を得るために

ボディ

飲む時間にも気をつかう

乳酸菌は善玉菌として整腸作用にはたらき、便秘などを改善してくれます。腸内の健康を保つことでお腹の調子も良くなり、免疫力をアップする作用があるとも言われています。人間の大腸には100兆の細菌が含まれています。なので、細菌の中でも善玉菌の割合を多くするには大量の乳酸菌を入れる必要があるのです。乳酸菌の効果を毎日実感するのなら、ヨーグルトを食べることが一般的ですが、毎日ですとコストもかかってきますし、ヨーグルトが苦手な方は中々食べられません。手軽に乳酸菌を摂るなら乳酸菌サプリがおすすめです。乳酸菌サプリはその名の通り乳酸菌がふんだんに含まれているサプリメントです。多くの商品は1粒10億という単位で含まれているので、1か月間続ければ基準を軽くクリアできます。乳酸菌は生きたまま大腸に届けばより高い効果を発揮します。なので、1日のどのタイミングで飲むのかは大切になってきます。一番良いタイミングは食後に乳酸菌サプリを飲むことです。食事後は胃酸が一番薄くなります。そのタイミングで乳酸菌が通ると、胃酸に殺菌される数を最小限に抑えられるので、大腸に届く乳酸菌の数がより多くなるのです。また乳酸菌サプリを飲む時は、くれぐれも60度以上あるお湯やお茶で飲むのは避けましょう。多くの乳酸菌は、高温になると耐えきれずに菌が死んでしまうのでこれでは摂る意味がありません。1回に飲む量と時間をきちんと定めて飲めば、もれなく胃腸に良い効果が実感できることでしょう。